最近のトラックバック

2019年3月13日 (水)

ブログを引っ越します

橋本屋酒店のブログが以下へ引っ越します。

 

 

 

https://ameblo.jp/hashimoto-ya

 

 

 

このブログも備忘録として残しておきます。

見返すと懐かしいものもありますね~(^^♪

 

引き続き宜しくお願い致します。

 

 

 

  (有)橋本屋酒店

 

埼玉県狭山市南入曽555

 

  ℡ O4-2959-3O51

 

ご注文はこちら

 

橋本屋HP

 

 

Blackadder Raw Cask STATEMENT SPRINGBANK 2001 17Y

日本国内で初めてのウイスキーの品評会が開催されましたね

日本の感性でのウイスキーの評価の結果がどうなるのか非常に楽しみです

さて、ブラックアダーの最高レンジ”ステートメント”よりスプリングバンク2001が入荷しました

P1180648
まず目に入るダークアンバーが素晴らしい! 少量の加水でフルフレーバーが解放されるとのこと、、、ラベルを読むだけで涎が出ます(笑) スプリングバンクの醍醐味を味わえるかもしれませんね

bottling96本 輸入本数9本 橋本屋に1本だけ頂きました。

あ~、売りたくない(笑)

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年3月 6日 (水)

三千盛 春出し生 純米大吟醸 

ドライテイストの春酒入荷です

P1180637
ガス感もあり華やかで非常に好印象 久しぶりに三千盛飲んだ気がするけど、美味しい

P1180638
先日はいつもの山忠本家さんへ、蔵は写真の建物の後ろにあります 初めていくときは分かり難いかもしれませんが、直売もありますので近く行ったら寄ってみてください。 今でもネット発信を殆どしてないので知らない方が多いですね

P1180639
いつもの様に今年の酒と以前の酒を利き酒しつつ、、

P1180640
熟成酒はやっぱり好き、、売り先を選んでこそですね 思考に耽りながら飲んだせいで今回の味は全てがおぼろげだ

受け継がれた”義侠”の新しい時代も見続けていきます

P1180642

蔵訪問後はノリタケで鑑賞&買い物 

あとは花粉が収まるまでどこも行きません

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年3月 4日 (月)

補充完了♪

P1180623
欠品していたウイスキーもたくさん入荷しました

雨ですが、、、花粉症にとってはこの季節は雨でも有り難い

ご来店お待ちしております

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年3月 3日 (日)

天狗舞 搾りたてにごり

さて、

P1180620
いつもお楽しみのしぼりたてにごりver(1800mlのみ)入荷しました

橋本屋でしか買えませんよ

山廃純米生原酒はうまみ成分豊富で寝かせても美味しい

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年2月28日 (木)

2月も終わる~

先日はインポーター主催の試飲会でした

P1180614
カヴァや、、、

P1180613
業者向けは有料試飲じゃ無いからいいよね

P1180615
シェリーブランデーや、、、

P1180616
シェリーや、、、ウイスキーでも馴染のあるオロロソやPX他の味わいを確かめられたのも大きい、、、

P1180617
ワインも豊富に試させて頂き、、、
P1180618
、、、

今回の目的は始めから1つでした。

楽しみです

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年2月27日 (水)

いろいろ入荷してます

定休日の方が仕事が忙しい(笑)って不思議ですよね

さてさて、入荷していたお酒たちです

P1180611
山間7号純米吟醸生原酒

越の白鳥もあります

P1180612
越乃景虎梅酒 720mlもあり

P1180607
ヘンプスパロー オークニー2008 ※こちらは購入条件があります。店頭でご確認ください。

P1180608
カリラ2011マルゴークラレットカスクフィニッシュ

P1180610
ロングロウ 長らく欠品していたので久しぶり

P1180609
キルケラン8年カスクストレングス

イチローズモルト&グレーンは只今欠品中です。店がヒマだからと(笑)油断していたら売切れてました。3月3日入荷予定です、、スミマセン

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年2月25日 (月)

真澄 宮坂醸造さんへ

宮坂社長宅で美味しいお料理をご馳走になった翌日は蔵の方へ

P1180569
まずは昭和57年より造りがおこなわれている富士見蔵へ

P1180570
精米機がずらりと並びます。主な酒米は美山錦、ひとごこち、山田錦、自社精米です。新しい品種の酒米も仕込まれているようです。麹で主に使われているのはひとごこち。

P1180571
放冷機 蒸しあがった米の粗熱をとるのに使います

P1180572
 お米を蒸していますね

P1180573
蒸しあがったところ 連続式よりも甑の方が均等にお米を蒸せるし布も都度洗濯し清潔に保てるということでこちらを主に使っています。

P1180574
放冷機へ移動

P1180575
米の粗熱をとり、米の芯に残る熱は必要に応じて風通しの良いところで冷ましたり、冷蔵庫で冷ましたりして使用するのにちょうどいい温度まで下げていきます。

多くの蔵で使われているエアーシューターはホース内の掃除が行き届かないので使わず蒸米は全て布で手運び。

P1180576_2
順序が逆になりましたが、洗米浸漬機

P1180578
使われる米全てをこのような少量一袋ずつ洗い浸漬まで行う機械です。

洗米も蒸しも小規模蔵以上に細かく丁寧に仕込んでいます

P1180579
ヤブタはこの日は稼働せず

P1180580
もろみ用の蒸留器今は粕取り焼酎のみなのでこちらは長く稼働していません。

P1180581
ところ変わり諏訪蔵へ 袋搾りで使われる佐瀬式 夢殿など大吟醸のしぼりで使われます。

P1180583
諏訪蔵の梁写真だと見えませんが、大正拾参年七月拾参日と書いてあります

蔵が出来た当初はそれほど景気も良くなく廃材の様な再利用されて組まれた木組みがあちこちで使われた造りになっています。今となってはそれが良い味が出ています

P1180584
七号酵母発祥の地プレート 同じ七号酵母でも蔵独自で育成、選別して使っているので協会配布の7号酵母とまったく同じではありません。同じ酵母でも強さは様々、

百聞は一見にしかずとはよく言ったもの、非常に長いお付き合いではありますが今回改めて勉強になりました

橋本屋で真澄を今後とも宜しくお願い致します

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年2月23日 (土)

マルス信州蒸溜所へ

ワイナリーの後はマルス信州蒸溜所へ伺わせて頂きました。

P1180555
何年ぶりかな? すごく久しぶりの訪問です

P1180556
通常の見学コースでも見られる貯蔵庫です

入った瞬間ウイスキーの香りが満ちていてすごく居心地がいい

P1180557
麦芽、1回の仕込みで使われるのは1袋1トン。ノンピート麦芽、意外と食べれて酒のつまみになりそうでした(笑)

P1180558
その麦芽を糖化する糖化槽 アルコール発酵させる前にまず糖発酵をさせるところですね。 

P1180559

そしてアルコール発酵をさせる槽は以前は無かった木桶が奥にありました。搬入が出来ないので狭い隙間の中その場で組み立てたそうです
P1180560
ポットスチル左の再溜釜は下はひらべったく対流が起こり易い構造で先端は細く蒸気と銅の接触面積が多くなるようにつくられています。このあたりは初代の良さを踏襲しています。

P1180561
左の初溜釜の蒸溜中でアルコール度数を逐次こちらで計っています。

再溜のときは官能でウイスキーになるニューポット部分を計ります

P1180562
そして出来上がるのがこちらのニューポット

酵母違いで飲ませて頂きました。既に個性、酵母による味の輪郭が出ています

P1180563
製品化されている信州蒸溜所のニューポットとシングルモルトもついでに試飲。バラのエッセンスの入った和美人も中々いけましたね

他にも色々飲んで程よく飲んで温まったところで通常の見学コース以外へ、、

P1180564

ニューポットを受け入れているタンク蒸溜してそのままではアルコール度数が高すぎるのでこの中で度数を60度前半迄調整して、それから各樽へ原酒が振り分けられています。

P1180565
樽へ振り分け中

P1180566
ここから長い眠りにつくわけですね

P1180568
楽しく充実した訪問となりました

このあとは更に上諏訪に移動して真澄の宮坂社長宅で真澄と美味しいお料理を堪能させて頂き、、、全てが満たされた1日でした

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

2019年2月22日 (金)

琵琶のささ浪 春

昨日の長野の道中、時間も有るということで途中の山梨県、穂坂ワイナリーへ寄らせて頂きました。

P1180549
オープンしてまだ1年程のワイナリー。韮崎市穂坂地区は優良なブドウの産地でありながらワイナリーの数は少ない地区です。

P1180551
地区ごとブドウ農家ごとに単一畑のワインも多く造られており非常に魅力的なバリエーション
P1180552_2
タンクも搾汁機も赤白の特徴を活かせるようこだわった設備を導入されています。

P1180553
オーク樽貯蔵の穂坂地区赤、、既にオークの香りが心地よく広がりますが、味に浸透するにはまだ1年はかかるそう。

お土産に買ったのは穂坂マスカットベリーA キュベ保坂2016 穂坂の保坂さん、、、開けるのが楽しみです

P1180554
その後、長野に入りやたらめったら看板が出ていたソースかつ丼。

美味しかったけどね

P1180588

春のsasanami入荷しました

少し、暖かくなりましたね

※近々入荷のブラックアダー・ロウカスク各酒(スプリングバンク、ブレアフェンディ、フェッターケアン) どれも数は少ないのでご希望ありましたら店頭まで

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ O4-2959-3O51

ご注文はこちら

橋本屋HP

«マッカラン28年 & スプリングバンク21年

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ