最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

雪中梅・本醸造

 今日は昨日の続きで雪中梅の本醸造です!

 

 丸山酒造場さんの通年販売商品はこの本醸造と清酒の2種類となっています。 冷でも美味しく頂ける本醸造ですがこの時期はお燗でも香りと甘みが広がり美味しく楽しめるお酒です。 やや淡麗やや甘口まろやかな酒質です。

 

 

雪中梅・本醸造

P1010798_2

1800ml  2515円(税込)

  720ml  1310円(税込)

 

 

        (有)橋本屋酒店

  埼玉県狭山市南入曽555

        ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月30日 (日)

雪中梅・普通酒

 毎年のことですが・・・1月って過ぎるのが早く感じますよね? 正月休み明け~仕事始めでせわせわしつつ月末へ・・・といった流れになってしまうせいでしょうか?

 

 

 

今日のご紹介は雪中梅です!

 

 

 

今月から丸山酒造場さんとのお付き合いが始まり新たに当店に仲間入りした銘柄です。

 

 

 

 新潟の上越に位置し、この季節は豪雪となる場所で醸されている雪中梅は新潟では特有な甘口酒となっています。 あと残りなくスッと消えていくほんのりとした甘みで冷や~お燗まで幅広く楽しむことのできるお酒です。 昔から変わることなく酒質の個性を守り抜いている雪中梅をどうぞお試しください。

 

 

 

雪中梅・普通酒

 

P1010799

 

1800ml  1990円(税込)

 

  720ml  995円(税込)

 

 

 

 

 

       (有)橋本屋酒店

 

  埼玉県狭山市南入曽555

 

       ℡ 04-2959-3051

 

http://hashimotoyasaketen.com

 

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月27日 (木)

天狗舞・山廃純米生原酒

 店頭の酒粕もだんだんと売り切れる銘柄が出てきました。 年末からよく出ています。

 

現在、〆張鶴・麒麟山・天狗舞・琵琶のさざ浪・伝心・澤屋まつもと を販売中!

 

 300グラム 250円均一です。

 

 

さてさて、今日は天狗舞の王道でもある「山廃純米」の生原酒です!

 

 天狗舞といえば山廃がまず来ますよね? 天狗舞の個性である腰を据えた深みのある味わいです。 その生原酒は・・・口に含んだ瞬間に濃厚な旨味が広がり余韻を残しつつ消えていく・・・飲みごたえのある一本です。 天狗舞もバリエーション豊富な銘柄ですがまずはこれを飲まずして天狗舞の良さはわからないだろうといったお酒です。 天狗舞好きの方はまずお試しを!

 

 

天狗舞・山廃純米生原酒

P1010783

1800ml  3570円(税込)

  720ml  1710円(税込)

 

 

         (有)橋本屋酒店

   埼玉県狭山市南入曽555

         ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月23日 (日)

神亀・純米活性にごり酒

 卓球女子、高校生が全日本優勝しましたね! 瞬発力が大事なスポーツなので10代でタイトルっていうのは世界では意外と珍しくないんですよね、でもお見事。 愛ちゃんの次の世代もちゃんと育っています。

 

 

さて、昨日に続き神亀です。 搾りたての活性verです。

 

 以前紹介した「越の鷹」と同じ密閉タイプ、 元気の良い酵母で開詮と同時に勢いよく良い香りが漂います。 熟成なしの神亀も美味しいです。 しかし、搾りたて以外の神亀は2年熟成、ひこ孫は3年熟成・・・「搾りたて」か「熟成」、中庸はナシなのが神亀の個性で良いところですよね。

 

 

神亀・純米活性にごり酒

P1010781

720ml  1700円(税込)

 

 

        (有)橋本屋酒店

  埼玉県狭山市南入曽555

        ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月22日 (土)

神亀・搾りたて生酒

 降れば雪になりそうな気温・・・でも埼玉って見事に降りませんね、関東他県はうっすらと白くなるくらいはしてるんですけど。 それより昨日のカタール戦、後半45分のなだれ込みは見事! 一人少ない中で点を取れるのは凄いですよね、 この調子ならばもう一つ上も目指せるんじゃないでしょうか・・・

 

 

さて、今日は神亀の搾りたてを!

 

 

 通常は最低でも2年寝かせた純米熟成酒のみの蔵なので、フレッシュな神亀が味わえるのは今の時期だけ! 

 

 そして、スッと飲める割には原酒(18~19度)なんですよね・・・いつの間にか酔います。 神亀ファンはもちろんそれ以外の方にも美味しく飲んで頂けるお酒です。

 

 

 神亀・搾りたて純米生酒

P1010780

720ml  1740円(税込)

 

 

         (有)橋本屋酒店

  埼玉県狭山市南入曽555

         ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

 

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月 9日 (日)

狭山茶梅酒

 この時期、風に吹かれると凍えます 冷蔵庫の中に入っている方が体感的に寒くなかったりです。

 

さて、当店があるのは狭山市! 狭山市ときたら狭山茶は外せません

 

 と、いうことで今年最初のご紹介は狭山茶梅酒です。

 

 越生の梅を使用したスッキリとした梅酒に狭山茶のやわらかな香りと味がベストマッチの地元産梅酒です。 ストレートでも飲みやすく美味しくいただけます。

 

 

       狭山茶梅酒

P1010741

1800ml 2000円(税込)

  720ml 1000円(税込)

 

 

         (有)橋本屋酒店

  埼玉県狭山市南入曽555

         ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月 6日 (木)

醸造アルコールとは

 ひさしぶりに当店HPの「お酒の豆知識」に6つ目の項目を追加しました!

 

 今回は清酒とは切っても切り離せない「醸造アルコール」についてです。 今まで同様ちょっと詳しい説明で初心者の方、中級者の方向け豆知識になってます。 興味のある方はご一読してみてください。

 

 

☆下記と同内容をHP上に掲載しています。☆

 

 

*************************************

 清酒、本醸造、吟醸、大吟醸、これらは全て原材料に「醸造アルコール」とあります。 この醸造アルコールはどのようなものでどのような理由で使用されているか? 知らない方も多いと思います。 何となく純米酒のほうが良いと思っている方が多いのではないでしょうか? しかし、醸造アルコールは悪いものではありません。 植物由来のもので使用はしっかりと意味のある必要なものです。 そこのところをご理解いただきたいと思います。

 まずアルコール添加の目的から。 1つ目は香りの引き出し効果です。 香りの成分は水よりアルコールに良く溶け込みます。 いわゆる吟醸香もよく感じ取れるようになるので各蔵からの出品酒が純米大吟醸でなく大吟醸が多いのはこれが理由です。 2つ目は味の切れを良くすることです。 もろみの中には発酵の過程で生成された糖や酸が多く含まれています。 これらを抑えることによって軽快な切れの良い酒質を造ることができます。
 以上の2つがアルコール添加の目的となっています。 昔は防腐効果、つまりは火落ち菌の発生防止というのもありましたが衛生管理の十分な現在はこの意味合いは薄れています。

 続いて、「醸造アルコール」の原料について・・・
原料の大半はサトウキビが占めています。 他は米アルコール(米焼酎)もあります。 サトウキビの糖蜜に酵母を加えて発酵→蒸留→そしてこれを無味無臭に精留するとエチルアルコール(=エタノール=醸造アルコール)となり使用されています。 醸造アルコールの添加量は蔵によってまちまちですがおおよそ本醸造で100%アルコール(度数100%)として3%程度の添加量で、吟醸、大吟醸となるにつれ添加量も減っていきます。
 この「エチルアルコール」ですが、酒類のアルコールの成分は全てこれです。 清酒、焼酎、ウイスキー、ウォッカ等々。 また、これを25%にしたものが甲類焼酎となっています。 酒類のアルコールの成分はどれも同じ、純米酒のものも本醸造のものも同じです。

 たまにアル添酒が悪酔いする、体に悪いという方がいますがそんなことはありません。 悪酔い等の原因は飲みすぎか体調のどちらかがほとんどです。 そして純米酒だけが美味しいわけではありません。 本醸造、吟醸にも美味しいものはたくさんあります。 ぜひ本醸造、純米を区別することなくお酒をお選び頂きたいと思います。

 ちなみに・・・豆知識の(5・酒の甘口・辛口)で取り上げた「日本酒度」、日本酒でなくとも日本酒度を測定することが出来るんです。 (5・酒の甘口・辛口)を読めばわかると思いますが日本酒度は液体中の糖分を測定するもの、蒸留酒の「醸造アルコール」にも日本酒度があるんですよね。 度数によって変わりますが25%で+44、30%で+52、35%で+62、どれも激辛です。甲類焼酎のペットボトルなどがほぼ同じなのでお薦めはしませんが試したい方は・・・。

 

 

*************************************

 

 豆知識は今後も不定期で追加予定です。 他の豆知識にも興味のある方は下記URLよりどうぞ。

 

 

        (有)橋本屋酒店

  埼玉県狭山市南入曽555

        ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2011年1月 3日 (月)

今年もよろしくお願い致します

 不景気と言われながらも昨年も無事に過ごすことが出来ました。 今年こそは景気の改善が見られるといいんですね、 皆さん共々良い一年でありますように

 

 箱根駅伝、東洋大の山登りは期待通りの活躍でしたが最後は逃げ切られてしまいましたね。 シード争いといい今年の箱根は見所が多く面白かったです。

 で、店は今週夕方5時までの営業です!

 

 

       (有)橋本屋酒店

  埼玉県狭山市南入曽555

       ℡ 04-2959-3051

http://hashimotoyasaketen.com

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ