最近のトラックバック

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月19日 (日)

麒麟山 紅葉

今更ながら「ゲキウマ地酒日記」(講談社)なるものを買ってみました。

 

以前から読みたい読みたいと思いつつも、すぐにその事を忘れてしまうというパターンが続きようやく今に至ります

 

 それにしてもこれはかなりの地酒マニアな作者ですね。酒の味わいのコメントがいい感じです。どうやら既に連載は終わっているようですが、是非、続編を願いたいものです。橋本屋にあるお酒もちらほらと登場してますね

 

さて、お酒のご紹介は麒麟山・紅葉 大吟醸3年貯蔵です。

 

 3年をかけて紅葉させた大吟醸は非常に味わい豊かに仕上がっています。しっとりと飲みたいお酒ですね。

 

麒麟山・紅葉

P1090122

720ml  3,240円(税込)

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ 04-2959-3051

   ご注文はこちら

    橋本屋HP

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2014年10月16日 (木)

〆張鶴 越淡麗 純米吟醸

最近NISAを始め、小額投資のバリエーションが増えてきましたね

 

被災地の復興であったり関心を持つ方が多いのは良いことです

 

で、本日は一つ投資情報(笑)をご案内しますね

 

 岩手県にてタクシードライバーを醸す喜久盛酒造さんです。

 東日本大震災での蔵の損壊が激しく喜久盛さんは現在仕込みを移転、隣市にて自主廃業された白雲にて喜久盛酒造の銘柄を継承し、お酒を造っております。しかし、蔵が違えば設備も違うということでタクシードライバーを始めとしたお酒を醸す続けるためには醸造機器等の設備投資をしなければなりません。そのための投資を募っております。

 詳しくはリンク先⇒ミュージックセキュリティーズ にてご確認ください。

投資金額に応じてお酒も貰えるので復興支援もできてお酒も楽しめる!酒飲みには嬉しい限りです 私も・・・

 

さてさて、お酒のご紹介は宮尾酒造さんの季節限定品、越淡麗の純米吟醸です。

 

 甘味が流れるようにさっと感じられ昇華、〆張鶴らしいとても流麗な味わいは流石といったところ。落ち着きがあって美味しいです。お試しを

 

〆張鶴・越淡麗 純米吟醸

P1090116
720ml  1,902円(税込)

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ 04-2959-3051

   ご注文はこちら

    橋本屋HP

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2014年10月15日 (水)

義侠 侶ともがら 純米吟醸原酒

先週は埼玉35蔵大試飲会行ってきました

 

先ずは「琵琶のささ浪」の麻原酒造

P1090120
ひやおろし、美味しかったです
 

 

続いては鏡山さん

P1090118P1090119
貴醸酒にワイン酵母仕込みと、更に個性豊かに。どのように洗練されていくのか楽しみであります。

 

お続は亀甲花菱の清水酒造さん

P1090117

いつの間にか新たな酵母の生原酒がありました。美味しかったです

 

 で、神亀さんは蔵の方だけの写真を撮り忘れました・・・

つい飲むのに夢中で(笑) 胃に易しい燗は飲みすぎちゃいますねお燗サイコーです。

結局2時半~7時半までフルでほっつき歩いておりました 7時には店に戻るハズだったんですが・・・まぁ、たまには・・・

 

では、お酒のご紹介です。

愛知、山忠本家さんの義侠・純米吟醸原酒 侶 です。

 

 原酒ですがALCは13~14度とやや低め。最高品質の東条産特A地区山田錦100%の米の旨味を十分に顕現させ、味わいを豊かにした上での飲み易さの付随、非常に洗練された味わいを奏でています。

 

義侠・侶(ともがら)

    純米吟醸原酒

P1090115_2

1,800ml  4,860円(税込)

720ml  2,430円(税込)

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ 04-2959-3051

   ご注文はこちら

    橋本屋HP

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2014年10月 6日 (月)

亀甲花菱 ひやおろし 純米原酒生詰

今日は台風 早く過ぎるのを待つしかないです。

 

本日のご紹介は埼玉県加須市の清水酒造さんのひやおろしです。

 

旨味が深~く詰まって腰の据わった味わい。アジでもサンマでも焼き魚と合いそうです

 

亀甲花菱・ひやおろし

 純米原酒生詰め

P1090010_2

1,800ml  2,635円(税込)
  720ml  1,318円(税込)

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ 04-2959-3051

   ご注文はこちら

    橋本屋HP

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2014年10月 4日 (土)

雪中梅 純米酒

 御嶽山のニュースは他人事とは思えず大変残念です。噴火の二か月前に行ったのですが、その時は穏やかな様子でした。本来、山に入る以上は何が起ころうとも全てが自己責任、なのですが・・・流石に今回に関しては何とも言えません。 私も気を付けよう。

 

で、山に登る気にはなれずにどこに行こうかな?と考えた結果埼玉県小鹿野町にある「原生の森」に行ってきました。

P1080998
「原生の森」入り口 と、思ったところ・・・ここから車は入れませんので歩きです。

P1080999

埼玉県と長野県を三国峠を境に繋ぐ中津川林道の途中にあります。 今回の目的地、奥秩父林道分岐点までトホ2時間とこの看板には書いてあるんですが・・・

P1090001
トンネルを抜けてからは舗装された道路が続きます。しかし、陥没が多数あり普通の車は走れません。

P1090006
鉄砲堰 水を溜めて一気に放流し木材を運ぶというやつです。これは復元されたもので使われていません。

P1090003
およそ50分歩いたところでこんな看板が

 2.4km?距離がまったく縮んでないな・・・

P1090002
どうやらここからが「原生の森」の本当の入り口だったようです。

つまり、ここから片道2時間・・・

P1090005
ゴールまで行ったら間違いなく日暮れなので引き返す他ありませんでした。

最初のトンネルの看板がちょっと不親切です。「起点から~」と書いてあってどこが起点なのかまったく書いてない。で、疑いもなくトンネル入口が起点かと思ったら違いますよ~と しょうがなく入口付近で植物観賞です。

 

P1090004
ジンジソウ 花が「人」の字に似ていることからこう呼ばれます。とても可憐で美しい。似たものに「ダイモンジソウ」というのがありますが、こちらは「大」の字に似ています。

P1090007
トラノオ? と思われますが、何でしょう?光の加減で白っぽく見えますがムラサキ色です。

 次回こそは奥秩父林道へ侵入したいと思います。ちなみに、林道マニア(笑)の間では奥秩父林道は大変有名なのです。現在はほぼ森林に呑み込まれ廃道となっています。

 

でもって、お酒のご紹介です。

 

本日は新潟県上越市、丸山酒造場の雪中梅・純米酒です。

甘味は穏やか。常温~燗が旨いです。鍋のお供には冷が最適!

春と秋の限定販売です。

 

雪中梅・純米酒
P1080997_2

720ml  1,512円(税込)

  (有)橋本屋酒店

埼玉県狭山市南入曽555

  ℡ 04-2959-3051

   ご注文はこちら

    橋本屋HP

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ